タイのバンコクでSIMカードを購入した。手間はかかるけど、ローミングより安く済むのが魅力だ。

どこで買う?

町中でも買えるけど、空港で済ましてしまうのが確実だろう。スワンナプーム国際空港では預けていた荷物を受け取って、ロビーに出ると販売店が並んでいる。

true move
true moveの販売店。観光客が並んでるので、簡単に見つかる。

SIMカードのキャリア

タイではtrue move、AIS、dtacの3キャリアが主力みたい。短期滞在だったらどこも大差無い感じだったので、true moveにしてみた。

料金プラン

true moveのプラン
true moveの旅行者向けプラン

どこも旅行者向けのプランを用意してるので、短期滞在だったら迷わなくて済む。7日間1.5GBの通信で299バーツだ。

初期設定

端末はiPad mini2(SIMフリー)なので、販売員のお姉さんが初期設定をしてくれた。まあ、APN設定を変更した位だと思う。家族が持って行ったNECのモバイルルータは設定してくれなかったみたい。設定をしてくれるのは、やり方がわかっているメジャーな端末だけだろう。

初期設定後に受け取ったSIMのパッケージ。iPadに入っていた、日本のSIMがテープで貼り付けてある。
初期設定後に受け取ったSIMのパッケージ。iPadに入っていた、日本のSIMがテープで貼り付けてある。

こうしてあっさり終わった。Webサイトを閲覧する位だったら快適そのもので、心配していたテザリングも問題なくできた。

今はApple SIMなんて便利な物もあるけど、対応していない国も結構ある。簡単なんで、一度挑戦してみるといいだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です