最近、Windows7でブルースクリーンが頻発して困っていました。データディスクのエラーチェックや交換までしましたが、一向に解決せず。なんとなくRealPlayer Cloudが怪しいと思って、関連のサービスを止めてみたら(手動に変更)あっさり解決しました。止めたのは以下の通り。

  • RealNetworks Downloader Resolver Service
  • RealPlayer Cloud Service
  • RealPlayer Update Service

 念の為に以下のスタートアップも止めておきました。

  • RealPlayer Cloud (RPSYSTRAY.EXE)
  • RealPlayer Cloud(32-bit/JUSCHED.EXE)

 しかし当然ながらクラウド領域へのファイルのアップロードは出来なくなります。

RealPlayer Cloud

 そこでRealPlayer Cloud Serviceを開始すると、エラーメッセージが出てきましたが、ファイルのアップロードが出来るようになりました。

 面倒臭いけど、ブルースクリーンは困りますので、ファイルのアップロードの時だけRealPlayer Cloud Serviceを開始する方法で様子をみてみましょうか。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です